目蓋の裏

夢のちまた

空に富士山見えず

八月末日

沼津、三島に一泊。

前夜に予定がたち行ってきました。

 

沼津は三度目、三島は二度目かな、好みの場所です。

片道二時間半ほどとは言え、一泊はあっという間に過ぎゆく。

 

沼津港で昼食、網焼き定食メヒカリおかわり二回、アジフライバーガーを食べていつもの干物屋で鯖の文化干しと鯵の開きを購う。

やや忙しなく後ろ髪引かれるが三島へ向かう為、移動。三島行きの電車に乗る前に地元のスーパーマーケットへ寄り飲み物と何となくミニトマト調達。特産のワサビ系の物が様々陳列されていたけれど冷蔵品なので見送りました。

 

三島で旅館へ荷物を預けて、散歩。

前回泊まった朝に付けたTVで見た、さわやか百景が偶然にも三島の回であり、源平川と富士山。その日は早い時間に三島を出る予定だったのでゆっくり立ち寄れず、今回源平川とその周辺を歩いた。

 


f:id:EastofEden:20170903163434j:image

 


f:id:EastofEden:20170903163506j:image

 

若干涼しい陽気であったけれど、源平川が非常に冷たくて透明で涼やかであった。

コンパクトに木々や植物も多く野鳥も舞っていたし、猫が葉っぱを匂っていたり、少し疲れたので板の上に座り裸足で川に浸かってみたり、暫くして歩くと向かいから犬が川のなかをご機嫌で如何にも気持ち好さ気に歩いて(飼い主さんと散歩して)きてすれ違い様に挨拶したり、非常に豊か気分になった。

 

カワセミがよく来る地点まで行き折り返して中心街の方へ戻る。

少々早めであるけれど日も暮れてきたので夕御飯。今回は駅の近くの定食屋へ。かなり鰻の誘惑があったけれど次回と言うことで。

私は魚ではなくヒレカツ定食。チェーン店ではないとんかつ定食はいつぶりだろうか、とにかく久しぶりでした。美味しかった。

 

そろそろ旅館に戻る道すがら駅の木々をねぐらにしているのか相当数の雀や椋鳥?が集まって賑やかでした。

 

寿楽園も自然と動物園、歴史資料館などあり、乗り物コーナーではミニ機関車に乗りました。 


f:id:EastofEden:20170903163545j:image


f:id:EastofEden:20170903163608j:image


f:id:EastofEden:20170903163635j:image

 うろうろするレッサーパンダ

 

旅館の大浴場へ行き、疲れたので早めに就寝。